平富恵スペイン舞踊研究所 スクール情報・マップ
研究所紹介 レッスン案内 よくあるご質問 イベント情報
最新イベント情報
イベントレビュー
過去のイベント一覧
Web体験レッスン公開中!体験レッスン・資料請求のお申し込みはこちらから
イベントレビュー
2006年6月11日(日)
平富恵スペイン舞踊研究所第5回発表会
会場/銀座ブロッサム中央会館

発表会ご参加の皆様へ

発表会お疲れ様でした。今回の発表会は、文字通り質の高い舞台をご披露することができたのではないかと思っております。私自身も皆さんの素晴らしい成長ぶりを本当に嬉しく思っています。今回、皆さんの頑張りに対して、ささやかではありますが、各プログラムごとにコメントをさせていただきましたので、今後の稽古の励みまたはご参考にしてください。今後は、発表会以外にも質の高い作品(曲)や公演ができますよう、専門的に踊りに取組めるような環境を作っていくよう努力していきたいと思います。
セビジャーナス
唄の部分だけでなく、間奏部分を含めとても良かったです。皆さんよく頑張って、オープニングから質の高いセビジャーナスが披露できました。表情も明るく華やかで稽古の成果が溢れていました。これまでの発表会で最もたくさん練習をしたセビジャーナスではないでしょうか?初級クラスの方も中級者に混ざり、本当に良く頑張りました。
ファンダンゴ
イントロのカスタと照明がとても美しく、ファンダンゴの雰囲気にモダンな衣装が似合いとても良かったと思います。最初のイメージどおり衣装を変えて良かったですね!踊りも良く頑張っていました。
アレグリアス
バタ・デ・コーラが舞台に映えとても美しかったです。最初のパルマがうまく出来ない弱点が最後までドキドキのスリルを与えてくれました。本番はうまくいきましたが。。。今後は、リズムに自信を持てるようにしましょう!色々な音楽を聴いて、フラメンコの曲に親しみましょう!勇気を持って、プログラム2番と3番の順番を入れ替えてよかったと思います。
サパテアード
サパテアードは、どんなに出来ても出来すぎることはないので引き続きどんなパソも出来るように頑張ってください。凛としたクラシックな美しさを表して欲しかったですが、音楽の部分まではとても良かったです。ソロ・デ・ピエのでの失敗は、痛かったですね!シギリージャのリズムが身に付いていないということですね。一番やってはいけない部分でのばらつきがありました。ソロ・デ・ピエに入ってから、拍手をいただけるような足捌きを期待しています。
ブレリア
イントロと最後のイメージは、照明と衣装がマッチし、考えていた通りの美しさでした。最初の部分の歩きのタイミングがずれて、バラバラになったことも結果的には、ほどほどに良くとりあえず音楽的・絵的にはとても美しい作品になりました。踊りももっと頑張って、周りのモノに負けない迫力を身につけて欲しいです。帰りもただの歩きというプログラムは他にはなく仕方のない選択だったにもかかわらずとても良い結果を生んだと思っています。うまく楽しそうに帰っていて、ほんのり玄人のような感じでした。
タンギージョ
のびのびとした踊り。ばっちりとはこのことではないでしょうか?本番になるまで、ここまでばっちり出来たことはないと思います。自信と楽しさに溢れているように見えました。やっぱり今回も出演していただいて本当に良かったと思いました。本番はリズムも安定し、落ち着いた雰囲気でサパテアードも出来ましたね。一人ひとりの位置も良かったですし、本当にばっちりでした。良く出来ました!!!
ロメラ
振りやリズムの難しさを乗り越え本当に良く頑張りました。エスコビージャの途中、ギターが止まったときは、私もモニターに向かって「セギード!」と絶叫していましたが、皆さん落ち着いて良く我慢しましたね。全体的に本当に美しい仕上がりで、今後もっと速いスピードでできるように稽古をすれば、振りは充実し、それなりに難易度も高いのでますます良く見えると思います。この曲を今回で終わらせないように、頑張って良いものにしてくださいね!
アレグリアス
初級クラスの最初に習う踊り。。。という風には、とても見えませんでした。のびのびと踊っていました。きっと参加して良かったと思ってくださっているのではないかと思っています。背の高い方は、真直ぐに「突っ立った」という印象を与えてしまうので、とかく反ったり、プリエやケブラーダをして、体をダイナミックに使うように努力してみましょう。後ろのスペイン人も「グアパ、グアパ!」とハレオをかけていました。稽古の時には、表情の硬かった笠間さんも、とても自然で美しい笑顔に溢れていました。
タンゴ・デ・マラガ
前のプログラムからガラッと雰囲気が変わって、「板付きと出の組合せ」というのがとても良かったという評価をスタッフからもいただいています。ファルセータに入るところの回転もうまくいっていました。つまり、踊りはばっちりでした。音楽・パルマも相当凄い盛り上げを見せていました。気づいていましたか?とにかくこれもばっちりな作品でした。
タンギージョ
昨年とは、段違いの落ち着きと上達ぶりで安定感がありました。フィナーレの一列の止まりの部分では、唄に稽古時にはなかった間があり、一瞬ヒヤっとしましたが、うまく乗り越えましたね。円になっての足の部分では、なんと訓子ちゃんの笑顔を見てしまいました。(嬉)スペイン人もお客様もグレーのスカートが美しいと評判がとても良いグループでした。今後は、マーメードラインの衣装でも大丈夫にできるような、姿勢とブラソを身につけてください。それぞれが、工夫して自分の踊りをやっていたように思います。
ブレリア
全体的には、予想よりも良く出来ていました。最初の出は、照明とギターのリズムがとてもカッコよかったです。途中、ジャマーダの難しい部分で、ギターの方が、ありえないリズムを弾いてくださり、合わせてくださいました。その努力に感謝します。皆さんは、今後そんなことをさせなくて済む様に、さらに稽古を重ねてくださいね!シージョの衣装は良かったと思います。最後の帰りは、直前までカットにするかどうか悩みましたがやってよかったと思います。欲を言えば、バックのパルマの方たちと掛け合いの練習をもっとしておけば、さらに良かったと思います。歩きも大事な動きなので、今後気をつけてください。
アレグリアス
最初のマントンでのポーズがとてもきれいに見えました。踊りは、華やかで明るく一部のフィナーレにはふさわしかったのではないでしょうか?バタ・デ・コーラだからかそエスコビージャは、狂いのない、圧倒的な出来で迫って欲しかったです。今後必要なことは、自分が今何をやっているのかというはっきりとした自覚ではないでしょうか?内側から湧いてくる気持ちを大切にしましょう。後半は、リズムも早く相当盛り上がっていました。マントンも揃っていてとても良かったです。でも、もっと、もっと、もっと〜、、、ですね!
カラコレス
衣装・扇子とても美しかったです。エスコビージャは時々不安定な感じがありました。地味で基本的なことですが、プランタ・タコンを見直してください。体全体を使ってケブラーダ、反る、プリエをもっとしたほうが良かったですね。位置的には、二人ずつのときに二人がお互いにもっと近づいていた方が良かったと思います。最後のジャンプは、もっと飛距離・高さを出せるよう日ごろから体を鍛えてください。
ブレリア
一年ブレリアを頑張ってきた成果があらわれていました。どうしても、スピードが速くなってしまうこのグループの踊りの構成に何とか頑張ってよく合わせていました。最後の音楽もとても素敵でした。板付きで終わりにしなくて良かったです。あの短期間であそこまで出来たということは、ちゃんと頑張ればもっと踊れるということですから、ちゃんと真面目に稽古してください、浩子ちゃん!
セビジャーナス
微妙な位置のズレはありましたが、3組というのは実は、すごく難しい位置関係なので、自分の踊りに精一杯なだけでなく周りが見えるようになると良いですね!表情は、私が想像していたより明るかったです。体をもっと反らせて止まりをはっきりとしたらもっと良かったのではないでしょうか?初参加にしてはとても良く出来ました。さらに良い踊りが出来るよう今後の励みにしてくださいね!
アレグリアス
大人の雰囲気のグループ。最初のケブラーダのリズムが微妙でした(つまりほんのりリズムが外れているということです)。そしてもっとケブラーダをした方がよいです。全体的にもっともっとできると思います。タンゴ・デ・マラガのように絶好調ではありませんでしたが、足の部分は注意したとおり、ギタリストは後ろからバタ・デ・コーラの前で皆さんがいったい何をしているのか見えないし聞こえにくいので、次の足がどのコンパスに入っているのかを知って、コーラを持って移動を開始するあたりから、ずれてしまった部分を立て直す力をつけなければなりませんね。最後の帰りは、ブラボーでした!!本当にカッコよかったです。
カラコレス
エスコビージャの入りのスピードが速く心配になりましたが、何とかうまくいきましたね。他のグループにはない照明の豪華さがありました。踊っている本人は気づかなかったと思うので、ビデオをお楽しみに!衣装もカラフルかつ美しく、黒が子供っぽくならない感じでとても素敵でした。今後も益々良くなりますよう挑戦し続けてください。
ブレリア
全体的には、踊りも良くとてもいい仕上がりだと思いました。コントラはほんのり心配しました。帰りのジャンプは、即席という感じでしたね。また一年跳んでもらいます。どうぞよろしくお願いします。ところで、ゲネプロのときもそうでしたが千晶ちゃんのスカーフなぜ、他の人のように前に垂れ下がっていなかったのでしょうか?何でも他のコト・モノ・ヒト・グループがよく見えることもあると思いますが、自分らしさを大切にして、集中力をつけましょう。基本が大切ということを忘れずに。
タンゴ・デ・マラガ
全体的には、まあまあよかったのではないでしょうか?ですが、稽古のとき以上の良い出来というのは、そうそう訪れません。稽古でうまくいっていても、本番はそうでないことの方が多いので、日ごろから稽古はばっちりやっておかなければなりませんね!スカートさばきも美しく、このままいけるかと思いましたが、やはりコントラはコントラにならず表に入っていました。パルマが裏に入っていて、なんだかあり得ないリズムの運びに、呆然としながらも途中で止まらず、うまくスビーダに入れてよかったと思っています。体が全体的に立ち上がった状態なので、反ったり、プリエをした方が良かったのではないでしょうか。苦肉の策のフィナーレがとても良く見えました。バックのパルマ4人は、強烈でした。後で味わってください!
ファンダンゴ
ファンダンゴという曲が、ここに存在しプログラム全体が引き締まりました。踊りは、問題はありませんでした。が、もっとケブラーダ、プリエ、足を上げたり、体を反らせたり出来たのではないでしょうか?稽古のときに注意したことをもっとできれば、さらに良く見えたと思います。いずれにしろ、カスタのテクニックを磨いて、私に何か凄い振付をさせてください。
アレグリアス
とても良く出来ました。このグループにシレンシオやブレリアのあたりで、フォーメーションを大きく変えたりしていいものかとも思いましたが、これによって、このグループも「初級」という感じは全く受けませんでした。全体的には良く稽古をし、表情も明るくとても良くやっていたと思います。今後、もっと色々な踊りが出来ますよう挑戦してください。初舞台の方がほとんどでしたが、本当によくやれたと思います。発表会出演前と今では、もう別人です。
タンギージョ
プログラム順で、踊りや衣装が良く見えるようにしてみました。エスコビージャの途中で、このアマソーナの衣装では、スカートを持たずにベストの下の部分を持つんだということを思い出しました。なぜ、足が見えすぎるのか、いつもマイクで注意していましたが、私がうっかりしていました。ゴメンナサイ。でも、皆さん良く注意を聞いてくださり、ブラソを伸ばし、最低限のスカートさばきで乗り越えていましたね。欲を言えば、足がもっときちんとできると、安心して表情ももっと明るく出来るのではないでしょうか?引き続きプランタ・タコン・ゴルペを頑張ってください。
タンゴ・デ・マラガ
最初の登場から全体的にとても良かったです。私は、照明・構成とやれることは全てやりました。あとは、自分たちの踊りをやれるところまで伸ばして欲しいです。長い間かけて仕上げた曲ですので、今回で終わりと思わず、さらに良くなる様にずっと頑張ってください。
アレグリアス
踊り/平富恵
イベントレビュー一覧へ戻る
スクール情報へ
ページのTOPへ
TEL.03-3905-7900E-mail.girasolfmc@aol.comCopyright(c)Girasol Flamenco Studio All Rights Reserved.